体臭・わきが

体臭対策らぼ〜食生活を見直して体臭・ワキガ体質を改善〜

わきがの体臭を気にする男性

 

若い頃から汗をかく事はよくありましたが、臭った事は特になかったのであまり気にしていませんでした。

 

しかし年齢を重ねていくうちに、汗をかくと着ている服に染み込んでしまい、黄ばむ事が多くなってきたのです。

 

服が黄ばむと意外と目立つし、服に顔を近づけたら少し臭ったので、体臭かなと思いました。

 

それで黄ばんでいる部分を確認していったら、脇の下が特に酷かったので、ワキガになってしまったのかなと感じたんです。

 

また脇の下にかいた汗を見てみると、脂分が含まれていてベタベタしていたので、質も低下しているのかなとも感じました。

 

体臭というより、ワキガの対策を始めなければいけないと思うようになりましたね。

 

ワキガは、脇にあるアポクリン腺という汗腺から分泌される汗が原因になっているという事でした。

 

アポクリン腺から分泌される汗は、皮脂や汚れが混ざっていて酸化されるため、あの強烈な臭いが発生するというのです。

 

自分の場合はまだそれほど臭いが強くないので、今のうちに対策しておけば改善出来るような気がしたので、早速ワキガの対策を始めてみる事にしました。

 

ワキガの対策は、脇を清潔にするために毎日洗うという事はもちろん大切で当然実践しましたが、体質を改善していく事も大切なのでしなければいけないと思いました。

 

それで、食生活を見直して体質を改善していこうと考えました。

 

今まで、ファーストフードやコンビニ弁当など脂質や添加物が多く含まれている食べ物ばかり食べていたので、栄養が偏ってしまっていたのです。

 

また脂質を取り過ぎている事によって、体に脂肪が蓄積されてしまい、皮脂の分泌の量が多くなっているのも良くないと思いました。

 

皮脂の分泌の量が多くなってしまうと、アポクリン腺から分泌される汗に皮脂が多く混ざってしまうので、臭いが強くなってしまうんですよね。

 

それで、脂質や添加物が多く含まれている食べ物を控えて、野菜や大豆製品など体に必要な栄養素が多く含まれている食べ物を食べるようにしました。

 

特にワキガの対策で効果的な食べ物は、大豆製品の納豆という事なので毎日食べるようにしましたね。

 

納豆にはタンパク質やイソフラボンが含まれていて、発汗を抑制したり抗酸化作用があるので、ワキガの対策にも効果的でした。

 

そのため納豆は朝食の時に毎日食べるようにしたら、時間が経つとともに着ている服が黄ばまなくなって、臭いも薄くなっていったんです。

 

ワキガ体質を改善する事が出来たので、納豆には効果を感じましたね。今後も納豆は食べ続けるようにして、ワキガが強まらないように気をつけたいと思いました。

 

それでも、ワキガの臭いは完全には消えません。。なので私は、ワキガクリームを使うことにしました。

 

使ってみたらワキガクリームの効果は高く、私はワキガ臭がほぼ気にならなくなりましたね。

 

納豆を食べて体の内側から改善を図りつつ、ワキガクリームで外側からもケアする。この方法で、私はワキガの臭いとサヨナラしたのです。

 

最初は単なる体臭かなと思っていましたが、もっとひどいワキガ臭だったことはショックでしたね。。

 

ですがこれからもワキガ臭、そしてもちろん他の体臭に関しても気を配って、周りの人に迷惑をかけないように事前にケアしたいと思います。

 

通常大人からワキガになることはないので、私自身本当にワキガなのかどうかわかりません。ワキガのような体臭がしただけかもしれません。。

 

ですが脇からワキガ臭がしたのは確かなので、あんなニオイを自分から出すのはもうイヤです。

 

そのために、これからも食べ物には気を付けて、ワキガクリームを愛用していくつもりです。